NJ Publishing Sales - NJ Business Online

エヌ・ジェイ出版販売株式会社


2018.09.14 【講習会】「年末調整の実務と進め方」を開催 11/8(東京)・11/13(大阪) NEW!
2018.09.11 【新刊情報】ハンドブック『2019年版 ビジネス便利帳』を発売 NEW!
2018.09.06 【講習会】「社会保険・労働保険の基礎知識」を開催 10/23(東京)・10/26(大阪) NEW!
2018.08.23 【セミナー】「自社分析のための第一歩!財務諸表の読み解き方」を開催 10/16(東京)・10/19(大阪) NEW!
2018.07.13 【お知らせ】西日本豪雨による配送遅延について
2018.07.13 【セミナー】「働き方改革に伴う法改正と企業対応」を開催 9/19(東京)・9/26(大阪)
2018.04.04 【キャンペーン】月刊『企業実務』通巻800号記念・読者様の「企業実務エピソード」-募集終了-
2018.02.20 【新刊情報】企業実務・増刊号『採用から退職まで 非正規雇用者の労務一切がわかる事典』を発行
2017.08.25 【インタビュー】『実践 経営実学 大全』刊行記念インタビューを掲載
2017.07.28 【新刊情報】書籍『実践「経営実学」大全』 8/1発売
2017.06.27 【お知らせ】 日本経済新聞に『企業実務』の広告を掲載しました
2017.03.06 【新刊情報】書籍『ケース別「事業承継」関連書式集』 3/6発売
2017.02.28 【新刊情報】書籍『就業規則の運用・見直しの実務とモデル規程集』 2/28発売
2017.01.10 【新刊情報】書籍『図解とQ&Aですぐわかる労務管理の実務』 1/10発売
2016.12.13 【新刊情報】中小企業の「役員報酬・賞与・退職金」「各種手当」支給相場 1/20発売
2016.12.13 【お知らせ】 『企業実務サポートクラブ』会員専用サイトがリニューアルしました
2016.11.03 【新刊情報】『法人税申告の実務全書』平成28年度版 を発売
2016.07.01 【お知らせ】 東京本部移転のお知らせ(7月19日より)
2016.06.09 【お知らせ】 7月13~15日開催/第4回「HR EXPO」出展しました ≪ ご来場ありがとうございました ≫
2016.03.16 【新刊情報】実務書『中堅・中小企業経営者のための 「事業承継対策」の立て方・進め方』を発売
2016.03.07 【特別販売】化粧箱入り『名言名句集成 中国篇』を数量限定で販売開始
2016.03.07 【新刊情報】実務書『事例でわかる「貸倒損失」処理の実務』を発売
2016.02.16 【セミナー】「あなたのオフィスと働き方を変える! 文書管理と次世代オフィス環境最新事情」(終了しました)
2015.11.27 【新刊情報】小冊子『これだけは知っておきたい!「ストレスチェック」実施のポイント』を発行
2015.10.26 【お知らせ】 『マイナンバー取扱規程・書式集』のダウンロードサービスを本日より開始
2015.09.07 【お知らせ】 『マイナンバー取扱規程・書式集』のダウンロードサービスを開発しました
2015.09.02 【お知らせ】 日本経済新聞に『企業実務』の広告を掲載しました
2015.08.20 【新刊情報】 小冊子「マイナンバー制 導入のポイント」を発売しました

9月セミナー「働き方改革に伴う法改正と企業対応」 10月の1日集中講習会「しっかり身につけたい 社会保険・労働保険の基礎知識」
セミナー・1日集中講習会の開催予定一覧 ≫

企業実務

本誌特別調査/総務・経理担当者の「知識武装」

総務・経理担当者に求められていることは「ルールにのっとった処理」のように思われがちですが、従うべきルールは日々変わっているうえ、場合によっては新しいルールを構築することすら求められます。そこで総務・経理担当者が何に関心をもち、いまどこから情報を得ているのかについて調査しました。

  • データ/実務担当者の情報収集の実態
  • 分析/調査結果から見えてくるもの

【経理・税務】税務調査の指摘に納得がいかないときの国税不服審判所の活用法

税務調査結果に納得がいかず、更正処分を受けた際に納税者の救済を図る組織として国税不服審判所があります。
その仕組みと活用方法について解説します。
≫ 企業実務 最新号はこちら

【人事・労務】どう考える? 退職する従業員の権利と責任

退職時は、何かと労使のトラブルが起きやすい時期です。そこで、会社側と従業員側の権利と責任(義務)を改めて確認し、円満な退職のための対策を考えます。
≫ 企業実務 最新号はこちら

【総務・法務】企業用ユニフォームを導入・変更する際に社員の満足度を高めるセオリー

企業用ユニフォームを導入・変更するにあたって社内の満足度を高めるにはどうすればよいか。
女性の事務服を例に、成功のセオリーについて探りました。
≫ 企業実務 最新号はこちら


PAGE TOP