N.J. HIGH-TEC - NJ Business Online

エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【開催レポート】コロナ禍でかわる 「労働時間管理」に関わる実務のポイント
Home商品情報セミナーDVDセミナーレポート ≫ コロナ禍でかわる 「労働時間管理」に関わる実務のポイント
≪ セミナー開催レポート ≫

2020年10月15日

コロナ禍でかわる 「労働時間管理」に関わる実務のポイント

講師:澤井清治 氏(特定社会保険労務士)

澤井国際事務所代表、一般社団法人人事総務スキルアップ検定協会代表理事。特定社会保険労務士。企業の労務顧問、給与計算、評価者訓練、賃金制度の構築などを中心に社労士業務を展開している。
講師歴16年、LEC東京リーガルマインド専任講師として、社労士受験対策講座の通学講座及び通信クラスの収録講義を担当し、ブログSAWASENは10年以上、社労士受験生を励まし続けている。
著書「社労士1冊目の教科書」、「澤井清治の給与計算マニュアル」

レポート

澤井清治氏 働き方改革により労働時間管理の重要性が増すなか、新型コロナウイルスへの対応として、緊急にテレワークなどの新しい働き方を導入したことで、実務対応に頭を悩ませている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回のセミナーでは、特定社会保険労務士の澤井清治先生を講師にお招きして、これからの時代に即した適切な労働時間管理について、具体的に解説していただきました。

澤井先生は、今回のセミナーの最大の目的を、テレワークなどの新しい働き方をどのような労働時間制度によって運用し、それによりどのような問題や課題が生じるのかを把握することであると位置づけられました。

セミナー前半ではまずその前提として、「36協定」の締結や時間外労働の上限規制など、労働時間管理に関わる基礎知識や最新情報について解説いただきました。 それを押さえたうえで、テレワークの運用において導入を検討したい様々な労働時間制度については、事例を交えながら詳細にご紹介いただきました。特に、働き方改革により改正のあった「フレックスタイム制度」については、実際に運用されている方や導入を検討されている方も多いのか、熱心に耳を傾けられている姿も多く見受けられました。

そしてセミナー後半では、これらの解説を踏まえたうえで、テレワークにおける労務管理について、掘り下げて解説いただきました。いわゆる「中抜け時間」の管理や、長時間労働の防止など、具体的に想定される様々な運用上の問題を挙げて対処法や規定例を提案いただき、参考になったと感じられた方も多かったようです。
最後には、テレワークにより発生する問題について参加者の皆さまに考えていただく時間も設けられ、発見や気づきの多い講義となりました。

判例や事例も豊富に盛り込まれたセミナーの模様は、DVDでご覧ください。

セミナーDVD

コロナ禍でかわる 「労働時間管理」に関わる実務のポイント(収録時間:2時間20分23秒) 一般価格 :11,000円(税込)
読者価格 :8,800円(税込)
購入フォーム
企業の実務をサポートする「実務セミナー」を開催中
企業実務サポートクラブ・セミナー事務局 ≫ お問い合わせはこちらから
『企業実務サポートクラブ』は、中小企業の「総務・経理・労務」をサポートする会員制サービスです。
日本実業出版社の刊行物
企業実務
企業実務 12月号 最新号目次


≫ セミナー

≫ 1日集中講習会

≫ 仕事力向上セミナー
PAGE TOP