N.J. HIGH-TEC - NJ Business Online

エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【開催レポート】トラブル事例から学ぶ 労務担当者に必須の 「労働法」の基礎と実務
Home商品情報セミナーDVDセミナーレポート ≫ トラブル事例から学ぶ 労務担当者に必須の 「労働法」の基礎と実務
≪ セミナー開催レポート ≫

2020年6月19日

トラブル事例から学ぶ 労務担当者に必須の 「労働法」の基礎と実務

講師:小宮弘子 氏(特定社会保険労務士)

大手都市銀行本部および100%子会社で人事総務部門を経験後、2003年にトムズ・コンサルタント株式会社に入社、現代表取締役社長。人事・労務問題、諸規程、賃金・評価制度の改定をはじめ、社内制度全般のコンサルティングを中心に行なう。 著書に『この1冊でポイントがわかる 「働き方改革」の教科書』(共著、総合法令出版)、『ストレスチェックQ&A』(共著、泉文堂)などがある。

レポート

小宮弘子氏 労働法は幅広く、改正も多いため苦手意識を持っている方も多いかもしれませんが、一方で、人事労務の実務において、労働法に関連するトラブルは必ずついて回り、人事労務担当者にとっては必須の知識といえるでしょう。
そこで今回は、セミナーや社内研修講師としてもご活躍の、特定社会保険労務士・小宮弘子先生を講師にお招きし、労働トラブルを防ぐために人事労務担当者が最低限押さえておくべき知識や実務でのポイントについて、近年の動向を踏まえながら解説していただきました。

「基礎知識編」としてスタートした前半ではまず、労働契約とは何か、労働基準法、労働組合法など主要な労働法の目的や概要、法律と就業規則との関係性など、法律に関する基本的な知識や考え方について確認していただきました。
それを踏まえたうえで、近年の法改正の動向として、働き方改革関連法のうち、これまで施行されたもののおさらいをしつつ、中小企業でこれから施行されることになる「同一労働同一賃金」については、具体的な改正点や対応のポイントについて詳しく取り上げていただきました。また、同じく中小企業で今後施行が予定されているパワハラ防止法についても、今から取り組んでおくべきことについてわかりやすく解説していただきました。

さらに後半では、「トラブル事例編」として、数ある労働トラブルのなかでも、長時間労働、同一労働同一賃金、パワハラといったトラブルが起こりやすいトピックについて、事例や判例を挙げて、考え方や対応のポイントを解説いただき、実務に落とし込んで理解を深めることができる、充実した講義となりました。

労働法の基礎から実務まで、体系的に解説いただいたセミナーの模様は、DVDでご覧ください。

※本セミナーは、新型コロナウイルス感染症の影響により開催中止となりましたため、撮影のみ行いました。

セミナーDVD

トラブル事例から学ぶ 労務担当者に必須の 「労働法」の基礎と実務(収録時間:2時間46分20秒) 一般価格 :11,000円(税込)
読者価格 :8,800円(税込)
購入フォーム
企業の実務をサポートする「実務セミナー」を開催中
企業実務サポートクラブ・セミナー事務局 ≫ お問い合わせはこちらから
『企業実務サポートクラブ』は、中小企業の「総務・経理・労務」をサポートする会員制サービスです。
日本実業出版社の刊行物
企業実務
企業実務 11月号 最新号目次


≫ セミナー

≫ 1日集中講習会

≫ 仕事力向上セミナー
PAGE TOP