NJ Publishing Sales - NJ Business Online

経理・税務 | エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【お知らせ】 「できる社員の仕事力養成講座」 好評発売中です

Home経理・税務企業実務・特別記事 ≫ 本誌独自調査 総務・経理部門の意識と行動に迫る!...
公開日:2017年6月29日

本誌独自調査 総務・経理部門の意識と行動に迫る! 月刊「企業実務」 2017年7月号

編集部


このエントリーをはてなブックマークに追加  

【データ】いま総務・経理部門で働く人たちは何を考えているのか

【分析】法政大学教授 藤村博之

【提言】総務・経理部門ももっと社外に!


現代の総務・経理部門のマネージャーは自らの職務をどのように考え、仕事に取り組んでいるのか。
その発想と行動を調査し、これからのキャリア形成のうえでの方向性を指し示す。

【データ】いま総務・経理部門で働く人たちは何を考えているのか


今回、本誌では、企業の管理部門(総務系・経理・財務)で働く人たちを対象としたアンケートを実施しました。
そこから見えてきた、管理部門で働く人たちの意識と実態について紹介します。


調査概要

Q1 現在の仕事の経験は?

現在の仕事の経験年数は、「5年〜10年未満」が最も多く、全体の4分の1を占めます。
次に多いのが、「15年以上(23.3%)」です。
管理職では「15年以上」が35.3%と最も多くなっています。
管理部門でキャリアを積んだ人材が、そのまま管理職になっているケースが多いと推測されます。


A1 現在の仕事の経験年数

Q2 現在とは異なる部門での業務経験は?

現在とは異なる部門での業務経験を尋ねたところ、最も多いのが「他部門での業務経験はない」(40.7%)です。
他部門での経験がある場合は、「販売・営業部門での業務経験」(19.3%)があるという回答が最も多く、次に「現在とは別の管理部門での業務経験」(18.7%)となっています。
「情報システム部門」「経営部門」「企画・広報・マーケティング部門」「技術・研究開発部門」等での業務経験を持つ人もいますが、全体としては少数にとどまります。
管理職に限定してみても「他部門での業務経験はない」(32.8%)が最も多く、次に「現在とは別の管理部門での業務経験」(30.3%)、「販売・営業部門での業務経験」(21.8%)となっており、全体と同様の傾向が現われています。


A2 他部門での業務経験(全体)

Q3 現在保有している資格・今後取得したい資格は?

「総務系(総務・人事・労務)」「経理系(経理・財務)」別に現在の保有資格を尋ねたところ、「総務系」では、「資格は持っていない」が最も多く、42.4%でした。次いで「日商簿記検定」が27.2%となっています。
「経理系」では、「日商簿記検定」が最多で57.8%です。次いで「資格は持っていない」が23.9%となっています。
その他の比較的多い保有資格としては、「総務系」「経理系」ともに、「ファイナンシャルプランナー」「情報処理技術者」「衛生管理者」等があげられています。
今後取得したい資格については、「総務系」「経理系」ともに「特にない」が最も多くなっています(それぞれ36.1%、31.2%)。
一方、取得したい資格として最も多くあげられているのが、「社会保険労務士」です(それぞれ17.8%、20.2%)。
次いで「総務系」では「行政書士」(14.1%)、「経理系」では「ファイナンシャルプランナー」(17.4%)となっています。
より専門性の高い資格が人気を集めているようです。
なお、このような資格の取得に対しては、「仕事内容に見合った評価が得られている」と感じている人のほうが前向きな傾向があります。


A3 資格についての実際

(続く)

企業実務



このエントリーをはてなブックマークに追加  



PAGE TOP