NJ Publishing Sales - NJ Business Online

エヌ・ジェイ出版販売株式会社


病医院事業収支シミュレーション
Home商品情報PCソフトSTAFFシリーズ ≫ 病医院事業収支シミュレーション

病医院事業収支シミュレーション



STAFF2011

会計事務所用/税務・経営 シミュレーションフォーム集 税法・社会保険関係の改正にはその都度対応、最新版をお届けします。

病医院事業の損益・資金収支のシミュレーション

病医院(法人/個人)の開業・移転、改装・設備更新などの投資をする際の損益・資金収支のシミュレーション
・病医院事業収支試算(個人版・法人版)
・医療法人の出資金評価

購入フォーム

価格

標準価格  :  19,440円 → 特別価格  :  17,496円(消費税・送料込)


製品概要

個人病院・医療法人(病院)の事業収支試算

個人医院(診療所等)や医療法人(病院等)の「開業・移転・改装/改築、設備投資」などの投資をする際の損益・収支予想を20年にわたってシミュレーションするとともに、同じ条件で売り上げが多い場合、少ない場合などの経常利益の変動幅を10年にわたって試算できるため、変動利益を織り込んだ経営判断に必要な資料をすばやく作成することができるソフトです。

また、医療法人向けに特化した「医療法人の出資金の評価」のプログラムを付加しています。医療法人の事業継承、相続対策等の評価計算書としてご利用ください。

フォームの構成(使い方)

本フォームは「計画データの入力」→「試算結果の確認、印刷」という流れで、それぞれの内容は次のとおりに分かれています。

  • 計画データ
    「初期投資」「資金調達」「各年の経費」「売上げの入力」
  • 試算結果(20年にわたって試算)
    「損益予想」(事業所得予想)・「資金収支予想」/「売上変動予想」(10年)

データ入力では、建物や建物付属設備の耐用年数表(抜粋)やデータ入力項目の注記など、スムースなデータ入力を可能にしています。



損益予想(上)と資金収支予想(下)を
20年にわたってシミュレーションします。




病医院事業収支の試算
メインメニュー




個人/法人のサブメニュー




売上げ予測が変動した場合の±の試算を10年にわたって試算します。
(変動範囲は±10%の例)




上図は償却資産とリース物件のデータ入力画面
※データ入力支援機能を付加しています。




減価償却資産の
耐用年数表(抜粋)

バージョン情報

R2.0(2015/02)
  • 事業収支試算(個人用) … 平成27年以後所得税率対応
R1.0(2014/07)
  • 事業収支試算(法人用) … 復興特別法人税の廃止
  • 自社株評価 … 評価差額に乗ずる法人税率40%に引き下げ

プログラムの構成

  • 病医院事業収支試算(個人・法人)
    病院・診療所の開業や設備投資などの損益予想と資金収支予想を20年にわたって行うシミュレーションソフトです。売り上げが変動した場合の予想もできます。(グラフ付き)
  • 医療法人の出資金評価
    「純資産価額/類似業種比準価額」を計算し、出資金の評価をするプログラムです。医療法人の事業承継、相続対策等の評価計算として利用できます。

個人病院・医療法人(病院)の事業収支試算

特分の定めのある社団形式の医療法人の場合の出資特分の評価は、財産基本通達に定める「医療法人の出資の評価」の定めにより、取引相場のない株式の評価方法に準じて評価することとされています(評基通194-2)。
プログラムは、「自社株評価システム」を医療法人向けに特化したプログラムです。

医療法人の出資金の評価は若干異なります。

医療法人の出資の評価は通常の株式会社等の株価評価と若干異なる部分があります。

  • 剰余金の配当が禁止されているため、類似業種比準方式の比準要素が利益金額と純資産価額の2つになる
  • 配当還元方式の適用はない
  • 純資産価額方式において議決権総数50%以下の場合の80%評価の適用はない

以上のような点に留意する必要があります。



帳票モデル (手前から):
「出資金の評価額」
「類似業種比準価額の計算」
「一口当たりの純資産価額の計算」
「会社の規模の判定」

出力帳票

すべてA4サイズ用紙に印刷します。


動作環境

Windows環境でExcel2003以降が動作するパーソナルコンピューター
Windows 8.1(64bit,32bit),Excel2013(64Bit 32bit)確認済み
上記環境で印刷可能なプリンター(レーザープリンター推奨)

  • プログラムの仕様や帳票の体裁は、改正等により予告なく変更する場合がありますのでご了承下さい。
  • WindowsおよびOffice、Excelは米国マイクロソフト社の米国およびその他の国における登録商標/商標です。
  • その他記載の会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

購入フォーム

日本実業出版社の刊行物
企業実務
企業実務 12月号 最新号目次


≫ セミナー

≫ 1日集中講習会

≫ 仕事力向上セミナー
PAGE TOP