NJ Publishing Sales - NJ Business Online

総務・人事 | エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【お知らせ】 月刊「企業実務」好評発売中!

Home総務・人事企業実務TOPICS(総務・人事) ≫ 表現一つでも大違い ハローワーク経由で優秀な人材を採るコツ...
公開日:2011年9月16日

表現一つでも大違い ハローワーク経由で優秀な人材を採るコツ 月刊「企業実務」 2011年9月号

田中謙二(特定社会保険労務士)

企業実務TOPICS(総務・人事)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

基本的な求人手段として、ハローワークを活用している企業は多いもの。ここでは、ハローワークの上手な活用のしかた、採用に成功する企業の傾向、よりよい人材を獲得するためのコツなどを紹介します。


無料で2か月間も求人広告を掲載できるハローワークは、中小企業にとって大いに役立つメディアであり、人材募集の手段として多くの企業で活用されています。

ハローワーク経由で求人をしても思いどおりの人材を採用することがむずかしい、との声もよく聞かれますが、利用する側の工夫次第で優秀な人材を獲得することは十分可能です。

そこで本稿では、ハローワークの有効な活用法や優秀な人材を採用するコツなどについて解説していきます。


ハローワーク経由の求人の最新事情

厳しい雇用情勢が続くなか、雇用における行政サービスについても、使い勝手をよくしようと様々な努力を続けています。

たとえば、原則29歳以下の人のための「ヤングハローワーク」や、子育て中の女性をサポートする「マザーズハローワーク」など対象者を特化した職業斡旋サービスを始めています。

また、求人申込みをする際、インターネットを使うことで所定の用紙に手書きする手間を省くことができる新しいサービスを準備中です。

具体的なサービス開始時期は未定ですが、このサービスが開始されれば、ハローワークインターネット上から求人申込みの仮登録ができるようになり、ハローワーク窓口での手続き時間が短縮されることが期待されます。


ハローワーク経由の求人のメリットとデメリット

ハローワーク経由の求人のメリットとして、以下のようなものが挙げられます。

  • 経費がかからない
  • 政府が運営する職業紹介機関なので安心感がある
  • 窓口には専門の相談員がいるため、はじめて求人を出す企業でも気軽に相談できる
  • 全国に広く設置されているため全国規模の求人にも対応できる
  • インターネット検索ができる
  • 厚生労働省管轄の各種奨励金
  • 助成金の対象となりやすい
  • 広告掲載期間がおよそ2か月あるため求人の広告効果がある程度継続する

一方、次のようなデメリットも挙げられます。

  • 求人情報量に限界がある
  • 紙面が画一的で会社ロゴ、写真、イラストなどが使用できず、民間の求人と比較して他社との差別化が図りにくい

お役所の機関ですから、すべての求人を平等に扱う趣旨はわかりますが、民間の知恵を借りて応募者により伝わりやすいサービスを検討してほしいところです。



このエントリーをはてなブックマークに追加  




PAGE TOP