NJ Publishing Sales - NJ Business Online

総務・人事 | エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【お知らせ】 月刊「企業実務」好評発売中!

Home総務・人事企業実務TOPICS(総務・人事) ≫ 職場のハラスメント対応 部課長のための「傾聴力」「指導力」講座...
公開日:2015年3月16日

職場のハラスメント対応 部課長のための「傾聴力」「指導力」講座 月刊「企業実務」 2015年3月号

坂本直紀(特定社会保険労務士・中小企業診断士)

企業実務TOPICS(総務・人事)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

指導力をアップさせるために何をすべきか

部課長が部下を適切に指導することは、会社、部課長、部下にとって、図表3のような効果が生じます。いわば、WIN-WIN-WINの関係です。この関係を目指して、部課長は部下を指導することが求められます。

図表3 望ましい会社、部課長、部下の関係

【1】ほめることを心掛ける

(1)ほめることの重要性

適切な指導を行なううえでは、部課長と部下との間に信頼関係が構築されている必要がありますが、この信頼関係を強固にするためには、「ほめる」ことを心掛けるとよいでしょう。

人は誰でも、ほめられると嬉しいものです。そして、「ほめる」と「叱る」の関係は、おおむね8対2くらいが適切といわれています。すなわち、ほめる量が叱る量よりも圧倒的に多いほうが望ましいのです。

ふだんから部下をほめていると、部下は「この人は、自分のためを思って指導してくれている」と感じ、前向きに部課長の言うことに耳を傾けるようになります。

(2)ほめるときのテクニック

ほめる場合には、ノウハウを押さえておかないと効果が半減することがあります。

ほめるテクニックを、図表4に整理しました。

図表4 ほめるテクニック

【2】感謝する心を大切にする

(1)感謝することの重要性

感謝の代表的な言葉が「ありがとう」です。この「ありがとう」という言葉を日頃から部課長が声掛けしていることも、ほめることと同様にとても重要です。

部下への感謝を習慣化することにより、指導の際に部下が部課長の言葉を真剣に聴いてくれることにつながります。

(2)感謝のメッセージの例

以下に示すのは、部課長が部下に感謝の言葉を伝えるときの例を示したものです。
・「○○の件、ありがとう」
課長:「先日のA会社の資料の件、ありがとう。打ち合わせが、とてもスムーズにできたよ」
・「○○さんのおかげだよ」
課長:「今回のプレゼンがうまくいったのは、佐藤さんの日頃の頑張りのおかげだよ」
このように、積極的に部下に感謝の言葉を掛けていくことを心掛けましょう。



このエントリーをはてなブックマークに追加  




PAGE TOP