NJ Publishing Sales - NJ Business Online

総務・人事 | エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【お知らせ】 月刊「企業実務」好評発売中!

Home総務・人事企業実務TOPICS(総務・人事) ≫ 会社の「ソーシャルメディア担当」を任されたときの心得...
公開日:2014年9月16日

会社の「ソーシャルメディア担当」を任されたときの心得 月刊「企業実務」 2014年9月号

遠田幹雄(中小企業診断士)

企業実務TOPICS(総務・人事)


このエントリーをはてなブックマークに追加  

ソーシャルメディアを個人で利用することと、会社の看板を背負って運用することは違います。
初めてSNSの担当になったり、SNS運営を検討している企業担当者が覚えておきたい心得を紹介します。


Facebook、Twitter、LINEなどのソーシャルメディア、いわゆるSNSが普及しています。

SNSは「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の頭文字をとった略称で、インターネットや携帯回線を通じてオンライン上で不特定多数の人が交流を図るサイトの総称です。

積極的であれ、消極的であれ、企業はSNSと向き合わなければならなくなりました。積極的にSNSを活用するつもりがなくとも、企業イメージを守るためにSNSに無関心ではいられません。


SNS活用の目的を明確にする

そもそも企業が何のためにSNSを運用するのかが明確でないと、担当者は何をすればよいのかがわからなくなってしまいます。

SNSは、何となく運営しても手間がかかるだけです。

そこで、まず企業がSNSを活用する目的を確認します。

大別すると、図表1の4つのどれかということになるでしょう。

図表1 企業のSNS活用の目的雄
このうち、最も積極的な攻めの活用は、「企業のマーケティング活動の一環(売上増加に貢献すること)」です。この場合の担当部署は、営業やマーケティング部門が一般的です。「企業としてのPR」に関しても、その目的が広告宣伝や販促的なものならば営業部門が担当になるのが一般的です。

「企業のブランディングに貢献すること」や「SNS上の情報をパトロールすること」については、中長期的な取組みが必要です。消極的な守りのSNS活用であるパトロールが目的の場合、総務部門が担当することが多いようです。



このエントリーをはてなブックマークに追加  




PAGE TOP