NJ Publishing Sales - NJ Business Online

エヌ・ジェイ出版販売株式会社


お詫びと訂正
Home商品情報ビジネス情報誌企業実務 ≫ お詫びと訂正

2016.11.30

「企業実務」2016年12月号(No.775) 訂正のお知らせ


別冊付録『常識として押さえておきたい「節税のきほん」』に訂正があります。

7ページ左段の「交際費枠800万円を上手に使う」の見出しから13行目以降の記述で、「期末資本金が1億円以下の会社では、年額800万円までの交際費が損金に算入されます。」は、正しくは、「期末資本金が1億円以下の会社では、年額800万円までの交際費(または接待飲食費の50%相当額)が損金に算入されます。」となります。

また、見出しから19行目以降の、「期末資本金が1億円超の会社については、交際費の全額が損金不算入となります。」は、正しくは、「期末資本金が1億円超の会社については、原則、交際費の全額が損金不算入となります。ただし、交際費のうち接待飲食費については、その50%が損金算入されます。」となります。

謹んでお詫び申し上げます。




2016.11.01

「企業実務」2016年11月号(No.774) 訂正のお知らせ


「中小企業の今冬賞与の支給相場を予測する」に訂正があります。

53ページ3段目の中見出しと4段目の13行目にある「今夏賞与」は正しくは「今冬賞与」です。

謹んで、お詫び申し上げます。




2016.07.26

「企業実務」2016年8月号(No.770) 訂正のお知らせ


別冊付録「最新版 実務担当者のための内容証明郵便使いこなし術」に訂正箇所がありました。

10ページに掲載した通知書文例の7行目にある「ふたば株式会社」は、正しくは「きぼう株式会社」です。

謹んで、お詫び申し上げます。




2016.04.14

「企業実務」2016年4月号(No.765) 訂正のお知らせ


「データのやりとりで『文字化け』が生じたときの対処策」に訂正があります。

76ページ1段目9行目から10行目の「圧縮・解答」は、正しくは「圧縮・解凍」です。

謹んで、お詫び申し上げます。




2016.03.25

「企業実務」2016年4月号(No.765) 訂正のお知らせ


「定期代以外の通勤関連費用処理Q&A」に訂正があります。

37ページ3段目の23~24行目の「通勤する人自信が所有している」は正しくは「通勤する人自身が所有している」です。また、28行目の「マイカー通勤者への補助」は、正しくは「自転車通勤者への補助」です。

謹んで、お詫び申し上げます。




2015.12.05

「企業実務」2015年12月号(No.760) 訂正のお知らせ


「同族会社の経理のための『会社の事業承継』入門」に訂正があります。

36ページ4段目の最後の4行「評価会社の直前期末以前1年(または2年)間における1株当たり年利益金額の金額がゼロの場合は分母を3とします」という取扱いは廃止されました。
現在は原則どおり分母を5で計算します。

謹んでお詫びし、訂正いたします。




2015.11.05

「企業実務」2015年11月号(No.759) 訂正のお知らせ


34~35ページ「これならわかる・使える実践『経営分析』塾」の記事中の記述にミスがありました。

35ページ2段目の「■実質金利とは」の表中、計算式の「5,000 万円-2,000万円=3,000万円」は誤りで、正しくは「5,000万円 -3,000万円=2,000万円」です。よって、次の行の「3.2%」は「4.85%」となります。

謹んでお詫びし、訂正いたします。




2015.06.04

「企業実務」2015年6月号(No.752) 付録訂正のお知らせ


別冊付録「平成27年度 税制改正 早わかりハンドブック」の記事中の記述にミスがありました。

3ページ右段「法人事業税の外形標準課税の拡大」の見出しの次の行の「資本金1億円以上」は誤りです。正しくは「資本金1億円超」です。

また、6ページ1段目の1行目にある「特殊割合25%…」は誤りです。正しくは「持株割合25%…」です。

さらに、10ページ2段目の9行目にある「1億円を超える…」は誤りです。正しくは「1億円以上の…」です。

謹んでお詫びし、訂正いたします。




2015.05.21

「企業実務」2015年6月号(No.752) 訂正のお知らせ


30~31ページ「効率的に進める『消費税』の端数処理」の記事中の記述にミスがありました。

31ページ4段目の最後から5行目の「来年秋に予定されている税率10%引上げ」は誤りです。正しくは、「2017年4月からの税率10%引上げ」です。

謹んでお詫びし、訂正いたします。



PAGE TOP