NJ Publishing Sales - NJ Business Online

総務・人事 | エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【お知らせ】 月刊「企業実務」好評発売中!

Home総務・人事実務相談室 ≫ 急死した社員について相続人が不明の場合の給与と退職金の取扱い...
公開日:2011年7月18日

急死した社員について相続人が不明の場合の給与と退職金の取扱い 月刊「企業実務」 2011年7月号

久保内統(中島・彦坂・久保内法律事務所 弁護士)

実務相談室


このエントリーをはてなブックマークに追加  

[問]社員50名のメーカーです。当社の50代の独身男性社員が先日突然、病気で亡くなりました。彼には身寄りがいないようで、未払分の給与と約1,000万円の退職金を支払う相手がいません。この場合、どのように取り扱えばよいのでしょうか?

(兵庫県K社)

[答]死亡した社員に相続人がいない場合には、相続財産管理人を選任して未払賃金や退職金などを引き渡すのが原則ですが、相続人がいるのか不明であるとして供託をすることもできます。


ポイント解説

死亡退職金の相続

会社に退職金規程があれば、死亡退職金の支給も定められているのが通常です。
社員が死亡している場合の退職金は、特段の規定がなければ「相続人」が請求権を相続します。
これは未払賃金も同じです。

法定相続人は、(1)子(死亡していれば孫が代襲)、(2)親(死亡していれば祖父母が代襲)、(3)兄弟(死亡していれば甥姪が代襲)の順序で先に来る者と、配偶者になります。

会社によっては死亡退職金の支給について「労働基準法施行規則の定める遺族の範囲および順序に従って支給する」と定めていることもあります。

この場合には「遺族」の範囲と順序が民法の「法定相続人」とは異なり、(1)配偶者(内縁の妻を含む)、(2)子、親、孫、祖父母で生計を維持している者または生計を一にする者、(3)子、親、孫、祖父母で生計を維持又は一にしていない者並びに兄弟姉妹、の順で決めることになります(労働基準法施行規則42条~45条)。

相続人の調査の要否

ご質問の社員については「独身で身寄りがない」ということですが、本当に相続人(遺族)がいないかどうかは調査しなければわかりません。
離婚した元妻との間に子供がいるかもしれませんし、会社が把握していない甥や姪がいるかもしれません。

法定相続人の調査は、死亡した社員の戸籍を取り寄せて行ないます。本籍地を会社が把握していない場合には住民票(除票)から本籍地を確認します。
社員が産まれてから死亡するまでのすべての戸籍(現在戸籍と改製原戸籍)を取り寄せ、そこからたどって、さらに法定相続人(現在は死亡している人についても)の戸籍もすべて取り寄せます。

この相続人調査で相続人の存在が発見されたときは、その相続人に連絡を取り、相続手続きへの協力を依頼します。複数名いれば遺産分割協議書を作成してもらうなどして、退職金と未払賃金を支払うことになります。

相続人不存在と相続財産管理人

相続人調査をしても社員に相続人がいない場合には、その社員の財産を管理する相続財産管理人の選任申立てを家庭裁判所に行ないます(民法952条)。
選任された相続財産管理人は、社員の債権を回収し、財産を換価処分し、負債を支払い、残余がある場合にはそれを国庫に帰属させます。

この場合、会社は相続財産管理人に対して、未払賃金と退職金を支払うことになります。

相続人不明の場合の供託

相続人調査を会社が実際に行なうことは容易ではありません。

死亡した社員の戸籍を取得しようとすると、役所の窓口に来た会社担当者の個人の身分証と社員証、代表者作成の委任状、会社の資格証明書の提示をしたうえで、退職金支払義務を履行するために必要であることを申請書に詳細に記載しなければなりません。

さらに、法定相続人全員の戸籍を漏れなく確認するのは素人ではむずかしいため、実際に確認しようとすると、弁護士や司法書士などに依頼して相続人調査を行なう必要があります。

また、相続人不存在であった場合に相続財産管理人の選任を申し立てるにしても、家庭裁判所への申立て費用や予納金(戻りません)で100万円程度の負担が生じます。

そこで、身寄りのない社員が死亡した場合には、「債権者(社員)の相続人の存否が不明であり、債権者を確知できない」として、法務局に退職金などを供託することができます。

債務を弁済する場合には、「債権者不確知」という供託事由があります(民法494条後段)。これは、通常は債権者の氏名や住所がわからない場合に用いられます。

相続人がいるかどうかわからないケースでは、前述のとおり会社(債務者)が完全な相続人調査を実施するのが容易でないこともあり、厳密な相続人調査を行なうことなく弁済供託ができるようになっています。


このエントリーをはてなブックマークに追加  




PAGE TOP