NJ Publishing Sales - NJ Business Online

エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【開催レポート】今からできる 労基法改正と無期転換への実務対応
Home商品情報セミナーDVDセミナーレポート ≫ 今からできる 労基法改正と無期転換への実務対応
≪ セミナー開催レポート ≫

2018年1月18日

今からできる 労基法改正と無期転換への実務対応

講師:岡野恵美子 氏(社会保険労務士)

4月に向けて無期転換契約の申し出とその対応が進むにあたり、チェック漏れはないか、直前にもう一度確認しておくことも大切です。また、このさき見込まれる労基法の改正に伴い、目を配るべき労務管理について、今のうちに準備しておいた方が良いことは何か、それぞれの事前対応を見ていきます。

レポート

岡野恵美子氏 2019年4月の施行が見込まれている改正労働基準法は、「割増賃金の見直し」や「年次有給休暇の取得促進」など、話題のトピックも多く、関心をもたれている方も多いのではないでしょうか。今回講師を務めていただいた社会保険労務士の岡野恵美子先生によれば、中小企業の実務に大きな影響を与える内容も多く、2018年は準備期間として、しっかりと対応していくことが重要だといいます。また、来る4月に有期契約社員からの申込みが本格化することとなる「無期転換ルール」については、企業にとって対応が急がれるところ。そこで今回は、「改正労基法」と「無期転換ルール」について、実務担当者が押さえておくべき点を整理するとともに、具体的な実務対応について解説いただきました。

さて、今回の改正労基法では、「長時間労働を抑制し、仕事と生活の調和のとれた働き方を広げること」が主旨のひとつとして挙げられると岡野先生はおっしゃいます。過重労働問題がニュースで大きく取り上げられたこともあり、「健康」がひとつのキーワードとなっているというのです。「年次有給休暇の取得促進」もそのひとつといえますが、

「いわば、“休み方改革”をしなければならず、企業によっては難しい課題となるかもしれまえせん」(岡野先生)

休暇の取得状況を従業員ごとにしっかりと管理することはもちろん、休みやすい環境づくりを視野に入れた対応が必要になりそうです。

また、後半の「無期転換ルール」についての講義では、制度の概要をおさらいするとともに、想定されるトラブル事例をご紹介いただき、特に「定年後継続雇用に関する特例」については、具体的な申請方法から認定を受けるためのコツまで、詳しく解説いただきました。セミナー後には質問される方も多く見られ、皆さんの関心の高さが感じられました。

実務に即したわかりやすい解説は、DVDでご覧ください。

アンケート結果

セミナーの内容はいかがでしたか。
役に立った … 98% どちらともいえない … 1%
あまり役に立たなかった … 0%
すでに知っている内容が多かった … 1%

2018年1月セミナーのアンケート結果

受講者の感想

  • 解説のポイント、資料とも大変わかりやすかったです。実務への影響がまとめてあったことで実際に考えなければならない業務が見えてよかった。無期転換ルールについてよく分かった。
  • 「実務への影響」とまとめられた箇所が非常に分かりやすく、セミナー内容も頭に入りやすかったです。
  • 実務目線のお話でとても実用的でした。
  • ケース例が特に理解に役に立ちました。
  • ゆっくりした説明で大変よく理解できました。
  • 参考様式を掲載して頂いて助かりました。
  • 社内でも規程等の面で未整備のものが多くあることが分かった。
  • 大変わかりやすい説明でした。
  • とても分かりやすい説明で参考になりました。
  • 労務に関することがよくわかりやすかった。
  • 非常に分かりやすかったです。ありがとうございます。
  • 勉強になりました。

セミナーDVD

今からできる 労基法改正と無期転換への実務対応(収録時間:2時間37分13秒) 一般価格 :10,800円(税込)
読者価格 :8,640円(税込)
購入フォーム
企業の実務をサポートする「実務セミナー」を開催中
企業実務サポートクラブ・セミナー事務局 ≫ お問い合わせはこちらから
『企業実務サポートクラブ』は、中小企業の「総務・経理・労務」をサポートする会員制サービスです。
日本実業出版社の刊行物
企業実務
企業実務 5月号 最新号目次


≫ セミナー

≫ 1日集中講習会

≫ 仕事力向上セミナー
PAGE TOP