NJ Publishing Sales - NJ Business Online

エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【開催レポート】銀行融資から補助金まで 企業を強くする資金調達術
Home商品情報セミナーDVDセミナーレポート ≫ 銀行融資から補助金まで 企業を強くする資金調達術
≪ セミナー開催レポート ≫

2017年11月21日

銀行融資から補助金まで 企業を強くする資金調達術

講師:吉田学 氏(資金調達コンサルタント)

企業にとって資金調達は悩みのひとつでしょうが、「資金は会社の血液である」と言われるほど、重要な課題でもあります。逆に言えば、会社を弱体化させないためにも、資金の確保が重要であるともいうことができるでしょう。たとえ今は問題なくても、万が一不測の事態に陥ったときでも対応できるよう事前の手立ても用意しておくことも大切です。資金調達に臨む担当者が知っておきたいノウハウを教えます。

レポート

吉田学氏 資金調達の方法を、皆さんはどのくらいご存知でしょうか。
今のところ資金繰りに不安はないから、特に必要を感じていないという方もいらっしゃるかもしれません。しかしながら、問題がないときにこそ、イザというときに使える手立てやノウハウを知っておきたいところです。
そこで今回のセミナーでは、資金調達コンサルタントとしてご活躍で、これまでに1,000社以上の資金調達相談・支援を行われていらっしゃる、吉田学先生を講師に迎え、資金調達の主軸ともいえる銀行融資をはじめとして、様々な資金調達の手立てについて講義いただきました。

吉田先生によれば、金融庁により「事業性評価融資」が推進されている昨今、銀行に対して企業がとるべき姿勢も変わってきているといいます。 「事業性評価融資」は、従来の決算書の数字のみをもとに評価する手法とは異なり、事業内容や成長の可能性なども含めて評価する手法であり、決算書に変わって「企業概要書」や「俯瞰図(ビジネスモデル図)」など様々な資料が評価材料となります。したがって、それらの資料をいかに企業側から銀行に提示できるかが重要になるというのです。
決算書を見せて評価してもらうだけ、という受身の姿勢ではなく、自社の情報を公開し、アピールしていくという積極的な姿勢が、「事業性評価融資」を勝ち取るための大きなカギといえそうです。

とはいえ、決算書が評価に大きな影響を与えることに今後も変わりはありません。セミナーでは、銀行がどのように財務分析するのか、それを踏まえてどうやって財務改善に向かうのか、についても解説いただき、金融機関の目線を捉えた分かりやすい解説には、「銀行がどこを見ているのかが分かって参考になった」という声も多く聞かれました。

その他、ノンバンク融資や補助金、保険の活用など、様々な角度からの資金調達方法をご紹介いただいたセミナーの模様は、DVDでご確認ください。

アンケート結果

セミナーの内容はいかがでしたか。
役に立った … 78% どちらともいえない … 17%
あまり役に立たなかった … 4%
すでに知っている内容が多かった … 0%

2017年11月セミナーのアンケート結果

受講者の感想

  • 経験を交えての内容や話すスピードなど、理解しやすく聴きやすかった。
  • 素人の自分でもとても理解のしやすい講義内容で、面白かったです。
  • 来期借入を予定しており、新会社か銀行からの借入を予定しています。初めて(社として)の事であり、情報収集しています。参考になりました。
  • 大変参考になりました。

セミナーDVD

銀行融資から補助金まで 企業を強くする資金調達術(収録時間:2時間36分51秒) 一般価格 :10,800円(税込)
読者価格 :8,640円(税込)
購入フォーム
企業の実務をサポートする「実務セミナー」を開催中
企業実務サポートクラブ・セミナー事務局 ≫ お問い合わせはこちらから
『企業実務サポートクラブ』は、中小企業の「総務・経理・労務」をサポートする会員制サービスです。
日本実業出版社の刊行物
企業実務
企業実務 6月号 最新号目次


≫ セミナー

≫ 1日集中講習会

≫ 仕事力向上セミナー
PAGE TOP