NJ Publishing Sales - NJ Business Online

エヌ・ジェイ出版販売株式会社


【開催レポート】正しく理解してミスを防ぐ算定基礎届の実務
Home商品情報セミナーDVDセミナーレポート ≫ 正しく理解してミスを防ぐ算定基礎届の実務
≪ セミナー開催レポート ≫

2017年6月13日

経理省力化を目指す! 「電子帳簿保存」導入のメリットと運用のコツ

講師:佐久間裕幸 氏(公認会計士、税理士)

平成28年の改正電子帳簿保存法により、国税関係帳簿書類についてスマートフォンやデジカメによるデータ保存も可能となりました。紙による保存コストの削減はもちろん、経理業務の効率化や生産性の向上も期待できますが、具体的な業務フローがイメージできなかったり、申請までの手順や導入コストの大きさに不安を感じて二の足を踏んでしまっている企業も少なくないようです。そこで、不安をなくして導入への一歩を踏み出せるよう、電子帳簿保存法についての基礎知識や期待できるメリット、具体的な導入・運用方法についてやさしく解説します。

レポート

佐久間裕幸氏 その保存要件の厳しさから、なかなか普及にはいたらなかった「スキャナ保存」。ところが、昨今の法改正で要件が大幅に緩和されたことを受け、いま「スキャナ保存」を含めた「電子帳簿保存」は一気に導入が進んでいるといいます。 そこで今回は、税理士の佐久間裕幸先生を講師に迎え、近年の改正のポイントや様々な会社の事情を踏まえた導入・運用のコツについて解説いただきました。

そもそも、スキャナ保存が可能な書類は、その重要度によって、

(1)領収書や契約書など、“取引の最初と最後に関わってくるもの”(重要書類)
(2)請求書や納品書など、“お金やモノの動きに関わるもの”(重要書類)
(3)上記以外の書類(一般書類)

以上の三種類(決算関係書類は対象外)に分けられており、重要書類と一般書類では保存要件も一部異なるといいます。 たとえば、書類を受領してからデータ保存するまでの期限について、領収書(重要書類)であれば1週間以内に処理しなければなりませんが、注文書などの一般書類については、極端に言えば1年分まとめて処理をしても問題ありません。
ここに、電子帳簿保存をスムーズに導入する鍵があるといいます。 いきなりすべてを電子保存化するのには不安やリスクを伴うため、まずは一般書類で運用してみて、それが社内に浸透してから重要書類での運用にステップアップしていく、という段階を踏むことで不安やリスクを軽減できるというわけです。

さらにセミナーでは、クラウド会計とスマホ撮影保存の連携による業務効率化についてもご紹介いただき、「電子帳簿保存」導入のヒントを得た方も多かったようです。 具体例を挙げながら分かりやすく解説いただいたセミナーの模様は、DVDでご確認ください。

アンケート結果

セミナーの内容はいかがでしたか。
役に立った … 91% どちらともいえない … 5%
あまり役に立たなかった … 2%
すでに知っている内容が多かった … 2%

2017年6月セミナーのアンケート結果

受講者の感想

  • クラウド会計の利便さとともに、留意点も分かりやすく説明して頂けてよかったです。
  • 導入にあたってのひな型が添付されていたのは大変参考になりました。
  • 雛形サンプルなどが資料にあり、参考になりました。
  • 電子帳簿保存を検討するうえで非常に役に立った。雛形を提供くださったので大いに助かる。
  • 財務パッケージのリプレイスを検討しているので参考にさせていただきます。
  • 海外本社用アカウントではすでにペーパーレス化されていてツールはあるので、国内運営費用のvoucher類も申請すれば使えるかと思ったけど、softwareに入った時点で白黒になるので、だめですね。意味無しです(経理)。他の部署の書類には適用できるかもですが・・・。

セミナーDVD

経理省力化を目指す!「電子帳簿保存」導入のメリットと運用のコツ(収録時間:2時間43分53秒) 一般価格 :10,800円(税込)
読者価格 :8,640円(税込)
購入フォーム
企業の実務をサポートする「実務セミナー」を開催中
企業実務サポートクラブ・セミナー事務局 ≫ お問い合わせはこちらから
『企業実務サポートクラブ』は、中小企業の「総務・経理・労務」をサポートする会員制サービスです。
日本実業出版社の刊行物
企業実務
企業実務 8月号 最新号目次


≫ セミナー

≫ 1日集中講習会

≫ 仕事力向上セミナー
PAGE TOP